2013 遂にべにふうき購入先公開

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★

今年の花粉の飛散量は、相当多いらしく
飛散が始まる時期も例年より早いとの予測でしたが、

かく言う私も、新春1/1の日に、めでたく?それらしい症状が出ましたので、早速『べにふうき緑茶』を入手。
以来、ほぼ毎日飲んでいますので、べにふうきのお陰なのか、単に花粉が飛んでいないだけなのか分かりませんが、現状全く花粉症の症状はありません。

さて、

→私は20歳の頃から毎年春先は花粉症で、花粉症暦30年以上

→『べにふうき』を知り春先も快適に過ごせるようになってから5~6年が経ち

→『べにふうき』の正しい知識の普及を目的に、サイトを開設してから丸3年

・・・になります。


サイトを開設してからは、毎年春先になると『べにふうき』の入手先について多くの問い合わせをいただくようになりました。

このサイトの中立性・信憑性とうい立場から、私の購入先をズバリ公開する事に躊躇しておりましたが、時期的に集中する問い合わせに個々に回答するのは結構大変な事と、不幸にして粗悪な商品を購入してしまった人に「効かない」と思われてしまう事を一番危惧していますので・・・

サイト開設、3年目にして遂に私の購入先を公開します。

「茶菓きみくら」と言って、あのNHKの番組で一躍有名になった「深蒸し茶」を販売するお店としては、茶処静岡でも最大規模のお店です。
その運営母体である「丸山製茶」は、昭和の初期の創業で深蒸し茶で脚光を浴びた掛川市内においても、まさにお茶の老舗と言える存在だと思います。


丸山製茶株式会社 ※小売はしていない
http://www.maruyamaseicha.co.jp/

「茶菓きみくら」べにふうき緑茶の販売ページ
http://www.kimikura.jp/benifuuki/


「べにふうき」の信頼性・品質については、私が5~6年飲み続けていますので実証済み。※2013年時点
※2016年時点 春先には継続して飲んでいます。

ここの「べにふうき」を飲んで効かなければ、「べにふうき」は、自分の体質に合わなかったものと思って諦めてください。


最近楽天でも始めたみたいです。2014.01.16追記

「楽天・茶菓きみくら」のべにふうき緑茶の販売ページ
http://item.rakuten.co.jp/kimikura/c/0000000105/

べにふうきの購入方法について 最新情報

ここ最近、私が購入している”べにふうき緑茶”をズバリ教えてほしいという問い合わせを多数いただくようになりました。

ズバリ書いてしまう事は簡単ですが、このサイトの中立性・信憑性とうい立場から、今尚躊躇しています。

確かにネットで検索してみたら、何万件と出て来て判断・選択するのに迷ってしまいますね。

やはり、ハズレを掴みたくない。安心できるものを手に入れたいという思いは、皆さん同じだと思いますのでかなり具体的にご紹介したいと思います。

1.ヤフーでもグーグルでも良いですから・・・
http://www.yahoo.co.jp/
http://www.google.co.jp/

2.以下のキーワードで検索してください。
掛川 べにふうき緑茶ティーバッグ

3.当然、色々検索表示されますが、
広告と○天は、無視します。

4.実際に掛川に製茶工場と実店舗を持っているところを探します。
※1ページ目の中から探せば簡単にビンゴ!すると思います。

花粉症に効果がある!べにふうきを通販する時のヒント

[花粉症対策] ブログ村キーワード★

べにふうき 通販

先に、”べにふうきを飲んで花粉症に効果が無かった人に伝えたい”に書いてしまいましたが、ひとつの項目として重要ですので改めて述べてみたいと思います。


最初の構想ではタイトルを”べにふうきを購入する時のヒント”としていましたが、ここでは”べにふうき 通販”に変更しました。何故か?静岡とか鹿児島に住んでいる人なら良いのですが、やはり品質が良くて安心できる”べにふうき”を入手するには通販しか方法が無いと確信したからなのです。


まず最初に、べにふうきの粉末の名誉のために言っておきますが、私は決してべにふうきの粉末を否定している訳ではありません。
事実、私の友人で粉末だけで充分効果がある人もいます。

しかし・・・

初めてべにふうきを飲む人や、粉末のべにふうきしか知らない人に、「べにふうきとは、こんなものなのか」と思われてしまう事を危惧しているのです。効果があれば良いですが、効果が無かった場合に即べにふうき全体を否定されてしまう事を危惧しているのです。

参照
メチル化カテキンについて
https://benifuuki.org/diary.cgi?field=7
べにふうきのティーバッグ(茶葉)とパウダー(粉末)の違い
https://benifuuki.org/diary.cgi?field=9


単純に説明すると以下のようになります。

●粉末タイプ(パウダー)を飲んで効果が無くても茶葉タイプ(ティーバッグ)なら効果が出る可能性がある。

●茶葉タイプ(ティーバッグ)を飲んで効果が無ければ、粉末タイプ(パウダー)を飲んでも効果は、ほぼ期待できない。

※茶葉タイプ(ティーバッグ)を飲んで効果が無かった場合は、体質に合わなかったのか粗悪品だったのかを見極める必要があると思いますので、何度かチャレンジする事をおすすめします。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本題のより良質な”べにふうき”を入手する方法です。

単純に私が「お取り寄せ」しているところを書いても良いのですが、やはりこのサイトの中立性?と信用性に欠けてしまうと思いますので、以下を良くお読みいただきご自身の判断で、ぜひ品質の良いべにふうきを入手してください。

<重要>べにふうきは、大手企業が大量生産して全国的に販売しているものではありません。要は日本茶ですから茶処の零細企業が多く、現在その製造元は100社とも1,000社とも言われています。当然、べにふうき製造にあたり技術的にも千差万別でその品質にも大きな差があります。又日本以外の製造元もあります。

いかに安全性と品質の高いモノを入手出来るが重要となります。


【選択のポイント】
①サプリメントや健康食品と同列で扱っているところよりも、お茶専門店・茶農家さんから購入した方が良い。
●仕入れ先とか製造元が明確なものが良い。※最近は産地偽装もあるので直売以外は注意が必要である。

②その点から言うとやはり、静岡とか鹿児島に本拠(製茶工場とか製造元)を、置いているところの物が安心である。

③ネットで検索する場合は、Yahoo!でもGoogleでも良いのですが、
”べにふうき”では無く”べにふうき緑茶 ティーバッグ”で検索してください。
注:”べにふうき””べにふうき緑茶”で検索すると粉末(パウダー)を販売しているサイトが多数検索されてしまいますので。

④検索の順位は商品の優劣とは関係ありませんから、そのサイトの商品説明を良く読んでみましょう。何の商品でもそうですが、ただ何となく売っているのか、こだわりを持って売っているのかは感じ取れると思います。※その販売元の本拠地とか、仕入れて売っているのか製造元なのかも要チェック。

⑤あまりにも、花粉症に効くとか効果があるとか大々的に宣伝しているところは企業姿勢を疑いましょう。本来、薬事法の規制により医薬品として認められたもの以外は、効果・効能を宣伝して販売してはいけない事になっています。法律を遵守する事は企業の努めです。
※現在、真面目な販売者のべにふうきのサイトは、花粉症に対しての効果等の具体的な記述が、見当たりません。(それはそれで知らない人が見たら、新種のお茶かと思ってしまいそうですが)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ