グルメべにふうき は、お得★

スギ花粉の飛散の真っただ中ですが、この記事を読んで「べにふうき緑茶」を試してみた皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

ちょっとおさらいになりますが、
べにふうきは、大きく分けるとテーバッグ(茶葉/リーフ)タイプのものとパウダー(粉末)タイプのものがあります。

どちらも花粉症に対して一定の効果(一番の効果は、おだやかに鼻水を止める)がありますが・・・

その大きな違いは何か?

●効果の持続時間
テーバッグ(茶葉/リーフ)タイプ 概ね5~6時間

パウダー(粉末)タイプ 概ね2~3時間

●飲み心地
テーバッグ(茶葉/リーフ)タイプ 渋いが飲料/お茶である。

パウダー(粉末)タイプ 渋く無いが、粉々していて口に残る


やはり飲むものですから違和感は無い方が良いので、私は長年(10年以上)テーバッグ(茶葉/リーフ)タイプのものを愛用していたのですが、
http://www.kimikura.jp/SHOP/118-052.html

昨年テーバッグでは無くて本当に普通のお茶と同じように”茶葉/リーフ”で売っている事を発見して
http://www.kimikura.jp/SHOP/118-051.html

試してみたところ、これが旨い!!
テーバッグよりも明らかに味が上質なのです。
↑こちらのお店では、その事について何も触れていませんが、ティーバッグに入っている茶葉よりも上等の茶葉を使用しているような気がします。(私の推測)
そして、私はこれを勝手に”グルメべにふうき”と名付けて昨年来ずっと”茶葉”タイプのものを愛飲しています。

一袋あたりの値段が高いので単純に旨いから高いと納得して買っていたのですが、昨日ふと思って1杯あたりの金額を計算してみたら・・・

ティーバッグ 648円 3g×15個 =43円

茶葉タイプ 864円 100g/3g→33回分 =26円

何と茶葉タイプの方が安いではありませんか。
一袋あたりが高くてもお得な事を今まで気が付きませんでした。しかも旨いし。

ティーバッグのお徳用袋を3袋セットにしたものを相当お安く売っているのですが・・・

3g×50個×3袋 5,508円 =36円

それでも、茶葉タイプが一番お徳のようです。

急須か茶こしを用意する手間がありますが、お味と単価を考えたら絶対におすすめです。

【最新】2017年春の花粉飛散予測

今年も又、花粉の季節です。
10年以上も同じ事を書いていると書いている本人は飽きてしまいますが、花粉症にお困りの多くの皆さんで、”べにふうきが効く!”と言う事を、まだまだ知らない人も多いので、今年もあえて書きます!
本当に「べにふうき緑茶」は花粉症には良く効きます!
(特に鼻水・鼻詰まりに)医薬品と違い穏やかで優しい効き具合です。


2017年最新の花粉予測です!

2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、
3月には各地で飛散ピークを迎える見込みです。

最新の日本気象協会2017年春の花粉飛散予測
早いところでは1月のうちから花粉対策を!

この先1月下旬から2月にかけて、全国的にほぼ平年並みの気温になる見込みです。
そのため、2017年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に例年並み、2月上旬には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまるでしょう。
関東甲信地方では、2月中旬には花粉シーズンへ突入する見込みです。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛びはじめます。
「花粉飛散開始」という言葉を待たずに、花粉対策をはじめる必要があります。
2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよさそうです。

※日本気象協会2017年春の花粉飛散予測第3報からの転載です。

ブタクサによる夏の花粉症にも べにふうき緑茶は効く!

私がこの真夏の時期に更新するのは異例の事なのですが

8月も終わりに近づいていますが、今日も外の気温は30度を超える真夏日です。私は所要があって午後から屋外に居たのですが突然、鼻水とくしゃみが始まり特に鼻水はいつまでも止まりません。「しまった!エアコンの使い過ぎで夏風でも引いたか」と思い風邪薬を探しに室内に戻ってあれこれしていると鼻水も収まったので薬も飲まずに屋外にでると又、鼻水が止まらなくなるのです。そこで思い当たったのが「この症状は、風邪ではなくて花粉症だ!」と言う訳で、
今年の春の飲みかけの「グルメべにふうき」が
https://benifuuki.org/archives/47.html
冷蔵庫に保管してありましたので早速、熱湯で抽出して飲んだら、あっさり解決。屋外に出ても鼻水もくしゃみもなくなりました!
先ほど、調べてみるら夏の花粉症の原因としてイネ科の植物とブタクサが代表的なものらしい。
私の住む周辺にイネっぽいものはありませんからブタクサが怪しい。
私は、スギの花粉症歴30余年ですが今まで夏に発症した事はありませんでした。歳とともに体質が変化したのでしょうか。

↓参考までに、ブタクサの画像です。

ファイル 48-1.jpg

グルメべにふうき

さて、私はこのサイトの中立性を維持するために、
自分のべにふうきの購入先を中々公開しなかったのですが
現在は、公開しています。

※公開した理由
https://benifuuki.org/archives/37.html

●深蒸し茶専門店 茶菓きみくら
http://www.kimikura.jp/benifuuki/

花粉症歴30余年~べにふうき歴8年目の私ですが上記のべにふうき緑茶を飲むようになってからは、春先の花粉症があっさりと改善されて本当に助かっています。

ティーバッグタイプのものを、ずっと愛飲していたのですが・・・
最近”茶葉タイプ”のものが販売されているのを発見しました。
http://www.kimikura.jp/SHOP/118-051.html

いわゆる急須で淹れるタイプで面倒なのですが、これがティーバッグのものより美味しい。上品な味わいというか高級な味というか明らかに使っているべにふうきの茶葉が違うような気がします。
もっとも私は、エスプレッソコーヒーを豆から挽いて専用マシーンで抽出してブラックで飲んでいる人間ですから味覚は苦いもの渋いもの好みです。苦いもの渋いものの中にも当然、旨い不味いはありますので、その意味では大変に美味しいべにふうきと言えます。

この”べにふうき緑茶・茶葉タイプ”は、花粉症のために飲むのだけれど「ちょっと贅沢なものを」という方にぜひおすすめしたいと思います。
私は、これを勝手に”グルメべにふうき”と名付けて最近の密な楽しみとしています。

べにふうき ティーバッグ(茶葉/リーフ)とパウダー(粉末)

当サイトへのアクセス解析を見てみますと徐々にアクセス数が増えて来ていますので、皆さんそろそろ花粉症の症状が出始めているのではないかと思います。

私のところには、べにふうきに関して多くの方から質問や問い合わせがあるのですが、
その中で多い事柄に、
べにふうきの”ティーバッグ”と”パウダー”の違い
についてがあります。

このサイトを、くまなく読んでいただければ
詳しく書いてあると思いますが
再度まとめてみますと

●効果
ティーバッグ>パウダー

●効果の持続時間
ティーバッグ>パウダー

●便利さ手軽さ
ティーバッグ<パウダー

ティーバッグもパウダーもメチル化カテキンを含有していますから花粉症の症状に対して緩和する効果がありますが、
その効き目の持続時間が大きく違います。

私の経験上から言いますと1回飲んだ後の効果の持続時間は、
●ティーバッグ 概ね5~6時間
●パウダー 概ね2~3時間

・・・となります。

2016年 春の花粉飛散予測

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★

前回、今年の花粉の飛散はもう始まっていると書きましたが、その直後から観測史上最低の気温を記録。初めて降雪の地域があったりして花粉飛散どころではなくなってしまいましたが、ここ2~3日少し暖かさが戻って同時に花粉も戻って来たようです。(微量の花粉飛散)※東海地方

そんな訳で各サイトで年末に予測していたものから若干変更になっているようです。

最新の情報です。環境省ホームページ
平成28年春の花粉飛散予測(第2報)について(平成28年1月28日)

平成28年春のスギ花粉飛散ピーク時期予測について
●九州地方では2月下旬
●関東及び中国地方では2月下旬~3月上旬
●甲信地方では2月下旬~3月中旬
●北陸及び近畿地方では3月上旬
●東北及び東海地方では3月上旬~下旬
●四国地方では3月中旬~下旬
・・・にピークになる見込みです。
このピークの前後10日から20日の間も花粉量がかなり多いので注意が必要です。

2016 今年の花粉の飛散はもう始まっている!

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★

約1年ぶりの、ご無沙汰でした。
又、今年も花粉症の季節がやって来ます。
と言うか、もうスギ花粉が飛んでいるような・・・2016/01/11現在

私ですが年明けから、鼻水やくしゃみは出ないのですが
どうも目の周りに花粉がまとわりついているような、
何となく嫌な感じ(目の周りがパサパサすると言うか)がしていたのですが、まさか花粉症の花粉とは思ってもいなかったのですが

周囲の人に聞いてみると皆さん、それなりに花粉症の症状が出ているみたいなのです。

私の場合は、べにふうき緑茶を飲めば一発で症状が緩和されますので、例年2月中旬から飲んでいたものを今年はもう購入しようと思っています。

但し、この時期は風邪と混同しやすいので充分に慎重に対処しましょう。

花粉の飛散の情報は、色々と調べて近日中に掲載したいと思います。

【緊急情報2015】今年の花粉症は眠くなる?

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★


花粉飛散の最盛期に突入ですが、
花粉症の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年の花粉症の症状の特徴ですが、どうも「眠くなる」ようです。
それも、半端な睡魔ではなくて毎晩19時~20時頃になると、
もう、どうしても起きていられないくらいに自然に瞼が下がって来て
頭の思考が停止状態になります。

私は、今年も「べにふうき緑茶」のおかげで、
鼻水はあまり出ないのですが「花粉飛散」の時期と重なるように
この症状が始まりましたので、花粉の影響だと思われます。

この症状は私だけかと思っていたら、
花粉症の知人も「最近やたらと夜早いうちから眠たくなる」と
言っていたので、ああ自分だけじゃあないのだと理解しました。

花粉症の皆さん!車の運転とか危険な任務?には、
くれぐれもご注意ください。
この睡魔は、自分の意思ではどうにもなりません。

2015年春の花粉飛散状況

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★


約1年のご無沙汰でした。

昨年の春は、私自身はあまり花粉飛散の影響を感じなかったのですが、皆様はいかがでしたでしょうか?
今年は、地域によっては昨年の2倍以上の飛散の予測も出ています。

今年も、「べにふうき緑茶」で花粉の季節を乗り切りましょう!
※当サイトに初めてお越しの方は、「べにふうき緑茶」が「花粉症に効果がある」理由等、私の体験を含めて詳しく書いてありますので、良くお読みいただき「本当に効果のある、べにふうき」の購入を、おすすめします。


ファイル 42-1.jpg
株式会社ウェザーニューズ発表の情報によると

2015年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、北〜東日本ほど多く、関東では平年(2008~2014年平均)の110~150%、東北や中部では110~150%と非常に多くの花粉が飛散する予想です。
近畿では平年と同程度~130%となる見込みです。一方、その他の西日本エリアの飛散量は平年より少ない所が多く、中四国では平年の80%~同程度、九州では平年の70~90%程度となる見通しです。


ファイル 42-2.jpg
日本気象協会発表の情報では

2015年春のスギ花粉の飛散開始は、例年より早いところが多いでしょう。
2月上旬に九州・四国・東海地方から花粉シーズンが始まる見込みです。

2015年の1月から2月の気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高く、北日本は平年並みの見込みです。
この時期の気温が平年より高いと、スギ花粉の飛散開始は早くなる傾向にあります。このため、2015年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本は例年より早く、北日本は例年並みでしょう。

ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。
このため、2月上旬に飛散開始が予想される九州・四国・東海・関東地方などでは、1月下旬頃には花粉対策を始めておくことをおすすめします。

2014年春の花粉飛散状況

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★


大変ご無沙汰しておりました。
今年も、ついに花粉症の人達にとっては憂鬱な季節が近づいて来ました。

昨年末くらいまでの情報だと2014年の花粉飛散は少な目みたいな話だったので安心していたのですが、
最新情報だと、例年よりちょっぴり多いみたいです。

今年も、「べにふうき緑茶」で花粉の季節を乗り切りましょう!
※当サイトに初めてお越しの方は、「べにふうき緑茶」が「花粉症に効果がある」理由等、私の体験を含めて詳しく書いてありますので、良くお読みいただき「効果のある、べにふうき緑茶」購入してください。


ファイル 41-1.jpg
株式会社ウェザーニューズ発表の情報によると
2014年の花粉飛散量は、平年(2008年~2013年の平均飛散量)と比べて、全国平均で1割程度増加する予想です。

エリア別では、北海道~関東、甲信、北陸で平年並みとなる予想ですが、東海から九州の飛散量は2割増加する見込みです。


ファイル 41-2.jpg
日本気象協会発表の情報では2014年春のスギ花粉の飛散開始は、
九州や東海地方の早いところは2月上旬、四国、中国、近畿や関東地方は
2月中旬の見込みです。
各地の飛散開始は概ね例年並みの時期ですが、北陸や東北の日本海側は
例年より遅いとの事です。

ページ移動