2013年春の花粉飛散状況の総括

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★


5月にもなって今更、春の花粉飛散状況の総括でも無いのですが、
久しぶりに当サイトのアクセス解析を見たので、そのまま公開します。

以下のグラフは、2月、3月、4月の当サイトの訪問者数なのですが、
花粉飛散状況と当サイトの訪問者数は、ぼぼ一致していると思われますので、
今年は、2月の終わり頃から徐々に増え始めて3/7~3/13がピークで
3月の後半から4月中旬に向けて徐々に終焉を迎えたというところでしょうか。

5月は、グラフを掲載していませんが一桁の訪問者数ですので完全に、いわゆる春のスギ花粉は終わったのだと思います。

それでは、又来年の春前にお会いしましょう!

尚、べにふうきに関する、相談・問い合わせは年中無休?で受け付けております。

ファイル 40-1.gif

2013/03/01~03/10 花粉飛散状況

下のグラフは、2013/03/01~03/10の間の
当サイトのアクセス数なのですが、3/7から急増している事が分かります。

見事に花粉飛散の状況と一致しますね。

但し、当サイトは『べにふうき+○○』で検索すれば上位に表示されますが、『花粉症+○○』で検索しても、ほとんどヒットしません。

と言う事は、花粉症が発症したら『べにふうき』の連想が認知されたと言うか普及したのでしょうか?

ファイル 39-1.gif

スギ花粉プラスPMPM2.5

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★

スギ花粉の飛散が真っ只中ですが、
この時期、私は、『べにふうき緑茶』を、普段のお茶代わりに飲んでいますので、鼻水は全然大丈夫ですが、2~3日前の強風の日は、頭と体が異常に、だるい時がありました。

さて、中国の環境汚染が問題となっていますが、私は対岸の出来事としてあまり関心が無かったのですが、ちょっと気になる話題を見つけましたのでご紹介します。※スポニチ社会面より引用

スギ花粉プラスPM2.5 タチ悪すぎる“悪玉”登場

スギ花粉の飛散が西日本を中心とした一部地域で始まった。関東地方では3月上旬にピークを迎え、飛散量は昨シーズンの3~7倍に及ぶ見込みだ。さらに、中国からの飛来が確認されている微小粒子状物質「PM2.5」がスギ花粉とくっつくことで“悪玉花粉”と化す懸念も。アレルギー症状をより悪化させる可能性があり、専門家は注意を呼び掛けている。

タチの悪すぎる花粉に苦しめられそうだ。

日本気象協会によると、今春のスギ花粉の飛散量は、昨夏の残暑の影響で、九州地方を除き全国的に昨シーズンより3~7倍多い。関東以北では3~5倍になるという。

飛散の開始は例年よりやや早く、環境省は、島根県の1月24日を皮切りに西日本を中心とした一部地域で既に始まったと発表した。関東南部は3月上旬ごろ、関東北部などでは3月下旬ごろから飛散量がピークになる見通しだ。

今春のスギ花粉は飛散量が多い上に“攻撃力”も高い。その原因は、中国で深刻化している大気汚染の原因物質「PM2.5」。偏西風に乗って日本にも飛来しており、スギ花粉とくっついて“悪玉花粉”と化す可能性があるのだ。

PM2.5は直系2.5マイクロメートル以下で髪の毛の太さの40分の1。体内に入り込みやすく、肺がんリスクを増加させるほか、アレルギー症状を悪化させる。スギ花粉が引き起こした花粉症を、PM2.5がより重症化させるというダブルパンチとなるため、専門家は注意を呼び掛ける。

気象予報士の大野治夫さんは「PM2.5は花粉などにくっつきやすい」と説明。こうした微小粒子状物質は、物と物がくっつく力「分子間力」があるためという。

“悪玉花粉”から身を守るには「マスクが一番」と指摘。「花粉も微小粒子状物質も、マスクのフィルターの穴よりは小さいが、マスクの繊維などにくっつくので体内に入る量は減る。顔とマスクの間に隙間ができないようピッタリと着用すれば、しないよりはいい」と呼び掛けた。

2013 遂にべにふうき購入先公開

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★

今年の花粉の飛散量は、相当多いらしく
飛散が始まる時期も例年より早いとの予測でしたが、

かく言う私も、新春1/1の日に、めでたく?それらしい症状が出ましたので、早速『べにふうき緑茶』を入手。
以来、ほぼ毎日飲んでいますので、べにふうきのお陰なのか、単に花粉が飛んでいないだけなのか分かりませんが、現状全く花粉症の症状はありません。

さて、

→私は20歳の頃から毎年春先は花粉症で、花粉症暦30年以上

→『べにふうき』を知り春先も快適に過ごせるようになってから5~6年が経ち

→『べにふうき』の正しい知識の普及を目的に、サイトを開設してから丸3年

・・・になります。


サイトを開設してからは、毎年春先になると『べにふうき』の入手先について多くの問い合わせをいただくようになりました。

このサイトの中立性・信憑性とうい立場から、私の購入先をズバリ公開する事に躊躇しておりましたが、時期的に集中する問い合わせに個々に回答するのは結構大変な事と、不幸にして粗悪な商品を購入してしまった人に「効かない」と思われてしまう事を一番危惧していますので・・・

サイト開設、3年目にして遂に私の購入先を公開します。

「茶菓きみくら」と言って、あのNHKの番組で一躍有名になった「深蒸し茶」を販売するお店としては、茶処静岡でも最大規模のお店です。
その運営母体である「丸山製茶」は、昭和の初期の創業で深蒸し茶で脚光を浴びた掛川市内においても、まさにお茶の老舗と言える存在だと思います。


丸山製茶株式会社 ※小売はしていない
http://www.maruyamaseicha.co.jp/

「茶菓きみくら」べにふうき緑茶の販売ページ
http://www.kimikura.jp/benifuuki/


「べにふうき」の信頼性・品質については、私が5~6年飲み続けていますので実証済み。※2013年時点
※2016年時点 春先には継続して飲んでいます。

ここの「べにふうき」を飲んで効かなければ、「べにふうき」は、自分の体質に合わなかったものと思って諦めてください。


最近楽天でも始めたみたいです。2014.01.16追記

「楽天・茶菓きみくら」のべにふうき緑茶の販売ページ
http://item.rakuten.co.jp/kimikura/c/0000000105/

2013年の花粉飛散開始予想

[花粉症対策] ブログ村キーワード★

以下、全てウェザーニューズからの引用です。
http://weathernews.com/


●2013年の飛散量の傾向
スギ花粉の元となる雄花生産量は、前年の夏の天候との相関が高いことがわかってきています。よく晴れて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり、雄花の生産量が多くなると考えられます。2012年の夏は、東~北日本を中心に、太平洋高気圧の勢力が強く、東~北日本を中心に厳しい暑さとなり、記録的な残暑・少雨となりました。このため、雄花の生育には適した条件となりました。一方、西日本は湿った空気の影響を受け、曇りや雨の日が多く、九州や太平洋側を中心に雄花が成長しにくい天候となりました。
また、多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉の飛散量は交互に増減する傾向があります。2012年の花粉シーズンは比較的飛散量の少ないシーズンであったため、この夏の天候も考慮すると、2013年の花粉シーズンは2012年より多くなる見通しです。
主に北海道に多いシラカバ花粉も、前年の夏の天候(主に日照時間)に影響されます。2012年の夏は記録的な暑さになり、さらに2013年は表年ということもあって、2012年の2倍程度の飛散量となる見通しです。
さらに、スギ・ヒノキ林とスギの雄花の現在までの状況についても観測をしました。昨年から取り入れたスギ・ヒノキ林の活性状況(光合成有効放射吸収率のデータを解析、詳細は下記参照)を観測した結果、西日本太平洋側や九州以外の地域では、2012年は2011年よりもスギ・ヒノキ林の活性度が高く、スギの雄花の量も多くなる予想になりました。西日本では太平洋側の地域や九州を中心として、スギ・ヒノキ林の活性度が低く過去数年の中でも最も低くなっている県もあります。
そのほか、10月中旬までに全国のウェザーリポーターと花粉の発生源となるスギ雄花を調査した、「雄花リポート」を見ると、まだ成長中ではあるものの、昨年よりも雄花の数が多いというリポートも寄せられています。

これらを総合的に考慮すると、2013年春の花粉飛散量は、全国的に2012年よりも多いか同程度となり、全国平均では2012年の1.7倍の飛散量となる予想で、北~東日本では2倍前後、西日本では1.3倍程度となる予想です。また、東北や関東の多いところでは2012年の3倍近くになるところもある一方、九州では2012年並かやや少ない飛散量となるところが多くなりそうです。過去の飛散状況と比較すると、2009年と似た傾向となる見通しですが、東北や中部地方では大量飛散した2011年に並ぶ飛散量となる可能性もあります。また、ヒノキ花粉の飛散量は、スギ花粉の飛散量と傾向が似ているため、2013年はヒノキ花粉の飛散量も多いか、2012年並みになる予想です。
また、平年(2005年~2012年の平均飛散量)と比較すると、2013年の花粉飛散量は全国平均で1.4倍程度となり、平年より多くなる見通しです。西日本では平年並みかやや多い程度ですが、東日本や北日本では平年より多く、平均で平年の1.7倍前後になる予想です。
なお、これまでに報告された症状や対策の報告を見ると、症状を和らげるには花粉を体内に取り込まないような対策が有効になりそうです。2月以降は徐々に花粉飛散量が増えていくので、早めに事前対策を進めておくのがおすすめです。

●北海道 前年対比190%(※シラカバ花粉)
シラカバ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は、度々雲が広がったり雨が降ったりすることがありましたが、全般に晴れて暑くなる日が多くなりました。さらに9月になってもなかなか暑さが収まらず、真夏日が続くなど記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、2012年の1.9倍程度、平年の1.6倍の飛散量になる見通しです。なお、近年で大量飛散となった2011年に近い飛散量になる可能性があるため、十分な対策が必要になりそうです。

●東北北部 前年対比230%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は晴れて暑くなる日が多く、雨も少なくなりました。さらに9月になってもなかなか暑さが収まらず、晴れて真夏日が続くなど記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の2.3倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも1.5倍、多い所で2.9倍になる予想です。また、平年の1.7~2倍の飛散量となる予想です。
なお、近年で大量飛散となった2011年に近い飛散量になる可能性もあるため、十分な対策が必要になりそうです。

●東北南部 前年対比210%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は晴れて暑くなる日が多く、雨も少なくなりました。さらに9月になってもなかなか暑さが収まらず、晴れて真夏日が続くなど記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の2.1倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも1.7倍、多い所で2.9倍になる予想です。また、平年の1.6~2.1倍の飛散量となる予想です。
なお、近年で大量飛散となった2011年に近い飛散量になる可能性もあるため、十分な対策が必要になりそうです

●関東 前年対比230%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は全般に晴れて暑くなる日が多く、雨も少なくなりました。さらに、9月になってもなかなか暑さが収まらず、記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の2.3倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも2.1倍、多い所で2.7倍になる予想です。また、平年の1.6~2.3倍の飛散量となる予想です。
なお、近年で大量飛散となった2011年に近い飛散量になる可能性もあるため、十分な対策が必要になりそうです。

●北陸・甲信北部
(甲信北部は、長野県北中部)前年対比200%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏はお盆の頃を中心に市街地でもゲリラ雷雨になることがありましたが、全般に晴れて暑い夏でした。さらに、9月になってもなかなか暑さが収まらず、晴れの日が多く、記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の2倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも1.7倍、多い所で2.5倍になる予想です。また、平年の1.2~2倍の飛散量となる予想です。
なお、近年で大量飛散となった2011年に近い飛散量になる可能性もあるため、十分な対策が必要になりそうです。

●東海・甲信南部
(甲信南部は、長野県南部と山梨県全域)前年対比210%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏はお盆の頃を中心に市街地でもゲリラ雷雨になることがありましたが、全般に晴れて暑い夏でした。さらに、9月になってもなかなか暑さが収まらず、記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の2.1倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも1.8倍、多い所で2.5倍になる予想です。また、平年の0.7~1.8倍の飛散量となる予想です。
なお、近年で大量飛散となった2011年に近い飛散量になる可能性もあるため、十分な対策が必要になりそうです

●近畿 前年対比160%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は、南部を中心に曇りや雨になる機会が多くなり、お盆の頃には市街地を含めて広範囲でゲリラ雷雨になることがありましたが、全般には晴れて暑い日が多くなりました。また、9月になってもなかなか暑さが収まらず、厳しい残暑が続きました。このため、東~北日本には及ばないものの、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の1.6倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも1.2倍、多い所で1.9倍になる予想です。
また、平年の0.9~1.4倍の飛散量となる予想です。

●山陰 前年対比130%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は、お盆の頃には市街地でもゲリラ雷雨になることがありましたが、全般には晴れて暑い夏になりました。また、9月になってもなかなか暑さが収まらず、厳しい残暑が続きました。このため、東~北日本には及ばないものの、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことから、2013年春の花粉シーズンは、平均で2012年の1.3倍の飛散量になる見通しで、少ない所でも1.1倍、多い所で1.3倍になる予想です。また、平年の1~1.2倍の飛散量となる予想です。

●四国 前年対比120%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は晴れて暑くなる日もありましたが、高気圧の勢力が弱まったり、台風の影響を受けたりして、太平洋側を中心に曇りや雨になることがありました。このため、雄花の生育に適した時期もありまたが、あまり生育を促すような天候でない時期もあり、過去8年の中でも森林の活性度は低い方になりました。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたります。
これらのことを総合的に判断すると、2013年春の花粉シーズンは2012年の飛散量よりもやや多く、平均で1.2倍になる見通しで、多い県で1.5倍、少ない所でも2012年並みとなる見通しです。
また、平年の0.6~1.6倍の飛散量となる予想です。

●九州北部 前年対比90%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は晴れて暑くなる日もありましたが、高気圧の勢力が弱まったり、台風の影響を受けたりして、曇りや雨になることがありました。このため、あまり雄花の生育を促すような天候でないことの方が多かったようで、森林の活性度でも、過去8年の中で最も低くなっている県もあります。
また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたりますが、夏の天候を考慮すると、2013年春の花粉シーズンは2012年の0.9倍の飛散量となる見通しです。多い県でも2012年と同程度、少ない県では0.8倍となる予想です。また、平年の0.5~1.7倍の飛散量となる予想です。

●九州南部 前年対比90%
スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏は晴れて暑くなる日もありましたが、高気圧の勢力が弱まったり、台風の影響を受けたりして、曇りや雨になることがありました。このため、あまり雄花の生育を促すような天候でないことの方が多かったようで、森林の活性度でも、過去8年の中で最も低くなっている県もあります。
また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少ない年(裏年)が交互に訪れ、2013年は表年にあたりますが、夏の天候を考慮すると、2013年春の花粉シーズンは2012年度の飛散量よりやや少なく、2012年の0.9倍の飛散量となる予想です。また、平年の0.5~1倍の飛散量となる予想です。

花粉症の季節が始まる?

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★


私事ですが、2~3日まえから体が異常にダルい。
普段、私はメチャクチャ健康ですから
何?この異常なダルさは?何か悪い病気?
まあ、このところ不規則な生活をしているので、
それが原因かと思っていたのですが、

昨日、花粉症の知人が「花粉、飛び始めたね~」

その一言で、この数日来の体のダルさの謎が解けました。
鼻水が全然出ないので、まさか花粉のせいだとは思いも
よらなかったのですが、まさにあのダルさです。

早速、用意しておいた”べにふうき緑茶”を飲んだところ
あっさりと楽になりました・・・おしまい。

べにふうき の品質について

やはりこのサイトで、これだけ花粉症に効く!と
べにふうきをおすすめしていますので、
読んだ方には同じ「べにふうき」と名が付いていても
より良いものを入手していただきたいと思っています。

執筆中です続く・・・・・

【重要警告】セシウム花粉

[花粉症] ブログ村キーワード★
[花粉症対策] ブログ村キーワード★

2012年、今年のスギ花粉飛散の時期には、
花粉症では無い人もマスクの着用必須

最初に結論だけ書いてしまいました。

今年のスギ花粉の飛散量は、昨年よりも全然少なく
「例年並み」とか「やや少ない」との予報で一安心していたのですが、
一部のマスメディアや週刊誌等で“セシウム花粉”が
新たな問題としてクローズアップされています。

いわゆる福島原発から放出された放射性セシウムが、
スギの木などに付着し、取り込まれ、花粉に入って
拡散するのでは?と言う懸念である。

そう、今年のスギ花粉は花粉症を引き起こすだけでなく
放射性セシウムに汚染されていると言う事なのです。
※地域による

スギ花粉に含まれる放射性セシウムの量とか
吸い込んだ場合の人体への影響ですが、
これについては、「健康被害から免疫力を低下させる」や
「内部被曝や外部被曝を心配するレベルにない」まで
様々な見解があって統一したものはありません。

いずれにしても、今年のスギ花粉飛散の時期には
花粉症では無い人もマスクを着用した方が賢明と言えます。

【マスクの効果】
花粉用マスクをつければ、浮遊しているセシウムをほとんど吸い込まずにすみ、内部被曝(ひばく)量を減らせるとの実験結果を、東大アイソトープ総合センターなどがまとめた。
市販されている不織布の立体型マスクを着用した実験では、

花粉やほこりに付いて、空中を浮遊している放射性物質と、マスクに付着した放射性物質の量などを調べた。この結果、花粉用マスクで、セシウムのほぼ全てを吸い込まずにすむことが確認された。


ファイル 34-1.jpg

ファイル 34-2.jpg

ファイル 34-3.jpg

2012年の花粉飛散開始予想

[花粉症対策] ブログ村キーワード★

以下、全てウェザーニューズからの引用です。
http://weathernews.com/

●花粉飛散開始予想全般
2012年春の花粉の飛散開始は昨シーズンと同じか、やや遅くなる予想です。花粉の飛散開始時期は冬から春の気温の変化に左右されます。この春は2月中旬には寒気のピークは越えるため、西・東日本で一気に飛散開始のエリアが増える予想。また、飛散開始から1週間~10日程で本格的な飛散が始まります。

●東北北部 飛散開始は3月中旬
2月中はまだ厳しい寒さが続くため、スギ花粉の飛散開始時期は昨シーズンと同じかやや遅く、寒さが緩んでくる3月中旬の予想です。その後1週間~10日程で本格飛散シーズンに突入し、飛散のピークは4月上旬になりそうです。飛散量は昨シーズンより少ない予想です。また、昨シーズンの調査結果によると、西風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

●東北南部 飛散開始は2月下旬~3月上旬
飛散開始時期は昨シーズンよりやや遅く、次第に寒さが緩んでくる2月下旬から3月上旬にかけて南から徐々に飛び始める予想です。その後1週間~10日程で本格飛散シーズンに突入し、3月下旬が飛散のピークになりそうです。なお、飛散量は昨シーズンより少ない予想。また、昨シーズンの調査結果では西~北西の風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

●関東 飛散開始は2月上旬
早いところでは2月上旬の一時的に寒さが緩むタイミングでスギ花粉が飛散する予想です。その後、1週間~10日程で本格飛散シーズン、3月上旬にスギ花粉のピークとなりそう。ヒノキの花粉のピークはスギ花粉の後、4月上旬の予想です。また、昨シーズンの調査結果では、関東南部は南風、北部は北風の時に症状がツラくなる方が多い様です。

●北陸・甲信北部 飛散開始は2月下旬から3月上旬
次第に寒さが緩んでくる2月下旬から3月上旬にかけて、南から段々と飛散開始となりそうです。その後1週間~10日程で本格飛散シーズンに突入し、4月上旬が飛散のピークになる予想です。また、昨シーズンの調査結果では、北陸西部では南西風、東部では西風の時に症状がツラくなる方が多い様です。

●東海・甲信南部 飛散開始は2月上旬~中旬
スギ花粉の飛散開始は昨シーズンと同じか、やや遅く、寒さが緩む2月上旬~中旬の所が多くなる予想です。その後、1週間~10日程で本格飛散シーズンとなり、3月中旬にはスギ花粉のピークに。ヒノキ花粉は4月中旬にピークを迎える所が多くなる予想です。また、昨シーズンの調査結果では、北西風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

●近畿 飛散開始は2月中旬
2月は寒さが緩むタイミングがあり、次第に春の到来を感じさせる暖かい日が増えそうです。このため飛散開始は、2月中旬となる所が多い予想。その後1週間~10日程で本格花粉シーズンとなり、3月中旬にスギ花粉のピークに。ヒノキ花粉は4月上旬にピークとなりそうです。また昨シーズンの調査結果では西~北西の風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

●山陰 飛散開始は2月下旬
飛散開始は寒さが緩む日が増える、2月下旬の所が多くなる予想です。その後1週間~10日程で本格花粉シーズンとなり、3月下旬にスギ花粉のピークとなりそうです。また、4月中旬にはヒノキ花粉がピークを迎える所が多くなる予想。飛散量は昨シーズンより少なくなりそうです。また、昨シーズンの調査結果では、西~北西風の時に症状がツラくなる方が多い様です。

●山陽 飛散開始は2月中旬
2月に入ると寒さが緩む日が段々増える予想。このため2月中旬にはスギ花粉が飛散開始となる所が多くなりそうです。その後1週間~10日程で本格花粉シーズンとなり、3月中旬にピークに。ヒノキ花粉は4月中旬にピークを迎える所が多くなる予想です。また、昨シーズンの調査結果では北から風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

●四国 飛散開始は2月中旬
2月に入ると寒さが緩むタイミングがあり、春の到来を感じられる日もある予想です。スギ花粉は2月中旬に飛び始め、その後1週間~10日程で本格花粉シーズンとなりそうです。スギ花粉の飛散ピークは3月中旬となる予想。なお、ヒノキ花粉は4月中旬にピークとなりそうです。また、昨シーズンの調査結果では西からの風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

●九州北部 飛散開始は2月中旬
2月に入ると寒さが緩む日があり、スギ花粉は昨シーズンとほぼ同時期の2月中旬に飛び始める所が多くなりそうです。その後1週間~10日程で本格花粉シーズンとなり、3月中旬にスギ花粉のピークとなる予想。ヒノキ花粉は4月上旬にピークを迎える所が多くなりそうです。また昨シーズンの調査結果では風向きが北西の時に症状がツラくなる方が多い様です。

●九州南部 飛散開始は2月中旬
2月は一時的に寒さが緩む日がある予想です。このため、昨シーズンとほぼ同時期の2月中旬に飛散開始となりそう。その後1週間~10日程で本格花粉シーズンとなり、3月中旬にスギ花粉のピークとなる予想です。また、ヒノキ花粉は4月上旬にピークを迎えそうです。なお、昨シーズンの調査結果では西から風が吹く時に症状がツラくなる方が多い様です。

2012年の花粉飛散について

[花粉症対策] ブログ村キーワード★


ウェザーニューズ http://weathernews.com/ から、

2012年の花粉飛散傾向の発表がありました。
http://weathernews.com/ja/nc/press/2011/111011.html

以下、そのまま引用です。

●来春の飛散量の傾向

スギ花粉の雄花生産量は、前年の夏の天候との相関が高いことがわかってきています。よく晴れて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり、雄花の生産量が多くなると考えられます。
2011年の夏は太平洋高気圧に覆われて晴れる日もあったものの、高気圧の勢力が弱まったり、前線や湿った空気の影響を受けたりして、西日本を中心に曇りや雨となる時期がありました。
一方、東日本では西日本に比べると雨は少なく、よく晴れて暑い夏となりましたが、全国的な猛暑となった2010年の夏に比べると雲が多く、気温も低い傾向となりました。このため、スギ花粉の発生源となる雄花の量は2011年より少なくなり、2012年のスギ花粉飛散量は少なくなる見通しです。
また、多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉の飛散量は交互に増減する傾向があります。2011年の花粉シーズンは全国的に飛散量が非常に多くなったため、統計的に見ても2012年の飛散量は2011年より少なくなる見通しです。